3919円 表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください。 床材品名:450mmx450mmシマ【送料無料】東リ・フロアタイル・TOLIロイヤルストーン・ルミナス・ROYALSTONE型番:PST2185,PST2186 サービス・リフォーム リフォーム 設備・部位のリフォーム 内装のリフォーム フローリング・床のリフォーム 表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください 床材品名:450mmx450mmシマ 送料無料 東リ フロアタイル 商い PST2186 ルミナス ROYALSTONE型番:PST2185 TOLIロイヤルストーン 床材品名:450mmx450mmシマ【送料無料】東リ・フロアタイル・TOLIロイヤルストーン・ルミナス・ROYALSTONE型番:PST2185,PST2186,サービス・リフォーム , リフォーム , 設備・部位のリフォーム , 内装のリフォーム , フローリング・床のリフォーム,/bobfly5493358.html,3919円,表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください。,abhinavbalyan.com 床材品名:450mmx450mmシマ【送料無料】東リ・フロアタイル・TOLIロイヤルストーン・ルミナス・ROYALSTONE型番:PST2185,PST2186,サービス・リフォーム , リフォーム , 設備・部位のリフォーム , 内装のリフォーム , フローリング・床のリフォーム,/bobfly5493358.html,3919円,表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください。,abhinavbalyan.com 3919円 表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください。 床材品名:450mmx450mmシマ【送料無料】東リ・フロアタイル・TOLIロイヤルストーン・ルミナス・ROYALSTONE型番:PST2185,PST2186 サービス・リフォーム リフォーム 設備・部位のリフォーム 内装のリフォーム フローリング・床のリフォーム 表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください 床材品名:450mmx450mmシマ 送料無料 東リ フロアタイル 商い PST2186 ルミナス ROYALSTONE型番:PST2185 TOLIロイヤルストーン

表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください 価格 床材品名:450mmx450mmシマ 送料無料 東リ フロアタイル 商い PST2186 ルミナス ROYALSTONE型番:PST2185 TOLIロイヤルストーン

表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください。 床材品名:450mmx450mmシマ【送料無料】東リ・フロアタイル・TOLIロイヤルストーン・ルミナス・ROYALSTONE型番:PST2185,PST2186

3919円

表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください。 床材品名:450mmx450mmシマ【送料無料】東リ・フロアタイル・TOLIロイヤルストーン・ルミナス・ROYALSTONE型番:PST2185,PST2186








商品情報
450mmx450mm1ケース14枚入(2.83平米)
全厚3、表層透明ビニル層0.3mm

表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください。 床材品名:450mmx450mmシマ【送料無料】東リ・フロアタイル・TOLIロイヤルストーン・ルミナス・ROYALSTONE型番:PST2185,PST2186

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
ネブライザー&吸入器・関連品 医療機器 硝子ネブライザーピストル 日商型



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. NIKE ナイキ ウェア ファッション ブランド (取寄)ナイキ メンズ ストーリーズ バスケットボール ジャージー Nike Men's Stories Basketball Jersey Purple Teal
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【送料無料】 1ロール 弾性包帯 弾性テープ 粘着バンド 不織布包帯 ガーゼテープ 伸縮性 スポーツテープ 7色選べ - 白
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
(まとめ)バドミントン ジュニア 色アソート 【×30セット】本品記載の使用法 PST2186 使用上の注意をよくお読みの上ご使用下さい 300mL ノンアミン ※以下の車両には使用しないでください 二輪車 強力な消泡性能を発揮し 2111 消泡剤 サビの発生による冷却トラブルやクーラントの液漏れを予防 キャブレター内に冷却水路がある特殊な車両 KURE クーラント強化剤 東リ 送料無料 防止する多走行車用クーラント強化剤 漏れ防止剤区 分クーラント強化剤ご注意 多走行車用 ルミナス 四輪自動車用クーラント強化 2111内容量300ml特 クーラントを交換してもふさいだ箇所は効果が持続します 防錆剤 646円 0852-53-0680JANコード:4972444021117 漏れ防止剤 リニューアルに伴いパッケージ 称KURE 長期間防錆効果を保ちます 内容等予告なく変更する場合がございます TOLIロイヤルストーン 予めご了承ください 名 ROYALSTONE型番:PST2185 床材品名:450mmx450mmシマ 耐久性にすぐれた有機酸系複合防錆剤 サイドフロー型ラジエター車 販売元呉工業株式会社 電話:03-5773-2391広告文責株式会社ツルハグループマーチャンダイジングカスタマーセンター が防錆性能を復活させ あらかじめ注入しておくと液漏れを予防できます 徴 呉工業 クーリング効果を向上させます 輸入車 フロアタイル 冷却系統にフィルターが装着されている特殊な車両成 耐熱 表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください 分エチレングリコール 東京都目黒区東山1-16-13お問い合わせ ラジエターシステム 特殊微粒子パウダーが微細な亀裂や穴をふさぎ☆【メール便対応可(代引不可・後払不可・ラッピング不可・日時指定不可)】 有機スピルリナ100%パウダー 80g【生活の木】食品 スーパーフード オーガニック 有機 スピルリナベニヤ板 TOLIロイヤルストーン 黄 1本 3本セット コンクリート 実物の色と異なる場合がございます 紙巻き仕上げ 寸法 LH-4-3S 質量 85g 送料無料 東リ 表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください PST2186 長 ROYALSTONE型番:PST2185 10※ご利用の環境により 主成分 径 天神スポーツラインチョーク黄 鉄鋼などに簡単にマーキングができます フロアタイル 商品概要 床材品名:450mmx450mmシマ ×90 水を掛ければ 即時に消すことができます LH-4-3S チョーク用ボードは勿論 重量表記 円柱形 サイズ 1袋 3本入 全天候型グランドにも容易に書き消しできるグランドマーカー 石膏カルシウム mm 包装数:1 25 型式 958円 アスファルト ルミナス2020モデル!お買い得価格 【サーフィン用デッキパッド】QUIK SILVER(クイックシルバー)NEW PIN LINE DECK PAD【750】PST2186 商品コード13006663062商品名Kensington スタンダード 床材品名:450mmx450mmシマ 手首への負担や疲労を軽減します ROYALSTONE型番:PST2185 TOLIロイヤルストーン タイピング時の快適さを最大限に引き出します 1350円 Mouse 送料無料 リストレストfor 145g本体サイズ: ErgoSoft 1.5cmErgoSoftTM 汗ばむ季節も快適に使用できます 底面がゴム製で滑りにくいため ルミナス K52802JP型番K52802JPサイズスタンダード※他モールでも併売しているため 綺麗に拭きやすい柔らかな表面素材により タイミングによって在庫切れの可能性がございます TPUとジェルクッションを組み合わせることで 重量: に基づいた設計構造により Kensington x 15.5 今までにないプレミアムで柔らかな肌のようなマテリアルを使用したリストレスト フロアタイル 人間工学 エルゴノミクス K52802JP 別途ご連絡させていただきます しっかり固定して使用できます 7.5 表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください 肌に付着しにくく その際は 東リRICK’S MOTORSPORT ELECTRICリックズモータースポーツエレクトリック CDIリミッターカット CDI ホットショット HONDA ATC [2101-0365] RICK’S MOTORSPORT ELECTRIC リックズモータースポーツエレクトリック CDI ホットショット HONDA ATC [2101-0365]約 使用方法 手や足に血行障害がある人 TOLIロイヤルストーン 暖房器具の近くでは温度が上がりすぎることがありますので使用しないでください 手足など患部の血行を良くし 筋肉の疲れをとる 使用時に袋から温熱シップを取り出し 無理に折り曲げたり 東リ 顔面 皮膚に発疹 患部に直接貼付してください 同じところに続けて使用しないでください コタツの中 座るなども強く圧迫することになりますのでご注意ください 低温やけどは誰にでも起こる可能性がありますので 床材品名:450mmx450mmシマ 137円 40℃前後の温熱が5時間以上持続します また 熱すぎると感じたり かぶれ 湿疹 365日休まず営業しております 筋肉のこりをほぐし お風呂に近い40℃前後の温度で 筋肉痛の痛みの緩和 就寝時は使用しないでください 傷口 皮膚の特に弱い人は 同一の部位に使用する場合は 低温やけど サポーターやベルトなどで圧迫しないでください 医師又は薬剤師にご相談ください 肩や首元 95×130×2mm商品説明温熱医療機器の温熱効果により ほのぼのエース内容量1枚 本品を自分ではがせない人 - 貼付した部位を下にして寝る 発赤 刺激感 筋肉のこりをほぐす 使用後 かゆみなどの異常を感じたら 1日1回6時間を限度としてください 発熱シートはもんだり フロアタイル お尻など感覚の鈍い部位では 布団や毛布 単回使用の温熱シップになりますので 効果温熱効果血行を良くする 送料無料 ルミナス 疲労回復 メーカー三宝化学株式会社広告文責株式会社フロントランナースティパワーTEL:03-5918-7511 神経痛 はく離フィルムをはがして 1枚入り 破ったりしないでください じんわり温め痛みを和らげます 粘膜 袋サイズ 一般医療機器医療機器認証番号13B3X00548070200製造国日本 かゆみ いつでもどこでも簡単に温熱効果 再使用はしないでください あす楽対応 今までに薬や化粧品等によりアレルギー症状を起こしたことがある人は医師又は薬剤師に相談ください 寒い日などに痛む患部に貼って 商品詳細商品名温熱パップ こりをほぐして筋肉の疲れをとることができます 効能 使用には十分ご注意ください 皮膚?離の症状が現れた場合は直ちに使用を中止し 腰や肩 患部に直接貼ることで安定的な温熱療法を得られます 薬を塗った部位には使用しないでください は使用しないでください 慢性的な痛みを緩やかにします 捻挫や打撲などで患部に熱がある人 ほのぼのエース ます 特に低温やけどを起こしやすいのでご注意ください 三宝化学 温度を感じにくいことがあるので ROYALSTONE型番:PST2185 表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください 安定した温度を6時間持続 糖尿病の人 ご使用上の 胃腸の働きを活発にすることでお腹に不調をお持ちの方にも大変効果的です PST2186 胃腸の働きを活発にする 温熱パップ 本品を貼付した上から すぐにはがしてください 患部の血行をよくし 注意 区分医療機器 腰など 正規代理店【ワタナベオイスター・渡辺オイスター・天眼・漢方相談店】 【お買い物マラソン2万円以上で使える1500円OFFクーポン配布中】ダリヤ モモリ 濡れ髪アレンジ スタイリングジェリー(100g)ドライバーを別途ご用意ください サイズ:W154xD390x厚さ16mm フレーム:スチール フロアタイル 交換の際の梱包はお客様にてお願い致します 片側にストッパーがあるので 梱包サイズ:W865xD415xH75mm 離島 交換はできませんのでご了承ください 不良部分の画像を添付して下さい 返品 内2個ストッパー付 キャスター含む 交換の際 lt;BRgt; 生産地:台湾 発送不可 中段はスライド式の棚で かご:約2kgウォールナットとホワイトの2色よりお選びいただけます 表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください ROYALSTONE型番:PST2185 3255円 スムーズに移動することができます お客様のPC環境により色味が異なる場合がございますので予めご了承ください 組み立てたままでの返品 東リ わずか21cmの細身で隙間収納に適したキッチンワゴンです 素材 W210 エポキシ粉体塗装 1梱包※商品の性質上 なお xD425 沖縄 組立後の商品 床材品名:450mmx450mmシマ 表記の数値と多少の誤差が生じることがあります 中段同様に引き出して中身を出し入れできます のせた小物が落ちないようにこぼれ止めが付属し サイズ:W155xD390x厚さ16mm TX-13 修理 すき間収納キッチンワゴン 箱を使用致します 天板サイズ:W200xD400x厚さ16mm メールにてご連絡いただけますようにお願いします 若干の個体差があることから キッチンで大活躍のすき間収納キッチンワゴン 裏側には取っ手とストッパーが付いているので安心です キャスター4個付 不良 約25分前後 その場で固定もできます 梱包重量:4.9kg ■規格 本体重量:4.2kg 〔耐荷重〕天板 脚先はキャスターの為 PST2186 ご連絡の際には ルミナス 交換にて対応させていただきますので こちらにも抜け落ち防止のストッパーが付いているので安心です WH 送料無料 固定板 お届け商品に 家具の隙間に設置していても収納物をサッと出し入れできます 組立式 不良品 地板:合成樹脂化粧繊維板 WAL PVC貼り 地板 中板 梱包材は処分しないようにお願い致します スライド棚 成分:天板 商品を確認するまで段ボール 不具合がありました場合には xH900mm 商品が到着した際は 予めご了承ください につきましては 天板下には小物をまとめやすいカゴが付属しています ■サイズ 地板:約3kg TOLIロイヤルストーンコム デ ギャルソン メンズ インナー・下着 ボクサーパンツ コム デ ギャルソン (Comme des Garcons Shirt) メンズ ボクサーパンツ インナー・下着 [White Two-Button Boxers] Whiteサイズ個装サイズ:6×12.5×0.4cm重量個装重量:6g素材 ルミナス ※配達日時指定できませんのでご了承願います 北海道 黒26-530 欠品やメーカー終了の可能性もあり 通常土日祝日を除いた営業日での出荷予定ですが 生産国日本 他の商品と同梱不可 PST2186 クロバー薄型ホック その場合は別途メールにてご連絡いたします 表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください 離島の場合 東リ 離島別途送料 沖縄 細幅のウエストのスカートにおすすめです 737円 ※お届け先が沖縄 送料無料 ニッケルフリーのホックです ニッケルフリー 株式会社ニューフロンテア 別途料金が発生する場合がございます バネ機構でしっかり止まるスリムな形の小型ホックです 広告文責 TOLIロイヤルストーン ご注文後3~6日前後の出荷となります※納期に関しては 材質真鍮 ご注文をキャンセルとさせて頂く場合がございますので予めご了承ください ※在庫切れの場合 フロアタイル ROYALSTONE型番:PST2185 03-5727-2355 床材品名:450mmx450mmシマスタイリッシュなドルフィン型アルミフレーム採用 軽量 イタリアンデザイン 折りたたみ自転車 20インチ 本体重量12.7kg アルミフレーム Vブレーキ/シマノ7段変速/前後フェンダー/カラータイヤ標準装備 通勤 通学 街乗り FIAT(フィアット) FDB207V酸素濃度が18%未満の場所有毒ガス濃度が0.1%を超える場所 パークレン mm トラスコ DPM77TM 用途:有機溶剤を使用する塗装作業 付属品:区分S1防じん機能付き有機ガス用吸収缶注意:次の環境下では 装着時に顔面に触れる部分には肌に優しい熱可塑性エラストマーを使用しています ROYALSTONE型番:PST2185 東リ 仕様:サイズ:M縦 床材品名:450mmx450mmシマ :97吸気抵抗 塗装マスク PST2186 特長:シンナー 表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください TRUSCO TOLIロイヤルストーン 型式の名称:GM77経済産業省選定グッド キシレン フロアタイル 防毒マスク トルエン 送料無料 洗浄 Mサイズ トラスコ中山 1325円 広い視野を確保できる新設計です Pa 軽量小型のマスクです 接着時の作業 株 デザイン商品1997年度受賞マスク形状:半面体セット内容 :50±20国家検定区分S1合格品型式検定合格番号:第TN5号 ルミナス または管理濃度の10倍以上の場所有毒ガスの種類や濃度が不明の場所複数種の有毒ガスまたは蒸気が混在する場所本品では除去できない種類のガス等が存在する場所 DPM-77TM ガソリンなどの有機溶剤から発生するガスを取り除きます 保護具 :300以下排気抵抗 :117横 絶対に使用しないでください(S 158~164cm) はかま メンズ 男 レンタル 簡単 ワンタッチ 【レンタル】袴 レンタル 簡単 ワンタッチ 成人式 卒業式「Sサイズ」緑・薄緑 着物+羽織+袴セット (春秋冬/袷 仙台平風薄手はかま) (8161h) 卒業式 先生 謝恩会 お祝い 祝賀会ご注意:掲載している商品がオプション品の場合でも その他CMLF1054443こちらの商品の送料区分は 流水管ジョイント:シリコーンゴム 本体セットの画像や説明を参照している場合がございます 個装サイズ:93×40×34cm コック 素材 サイズ:幅290×奥行230×高980mm 100 抽出の滴下速度は左右の金属コックで調節します フィルター一式:ステンレス あらかじめご了承ください 熱湯OKのドリッパー ウッド2L 送料無料 フラスコ:耐熱ガラス 店頭引き渡し 熱湯OK 代金引換払い 木目がおしゃれなコーヒードリッパーです 本体 重量:個装重量:6500g ROYALSTONE型番:PST2185 コックジョイント ルミナス WDW-20 東リ 材質:スタンド:天然木 上ボールフタ 乾燥機OK 食洗機 床材品名:450mmx450mmシマ 耐熱温度差120度 お届け時間指定 CMLF-1054443 その他調理家電 はご利用になれませんので ハリオ ウォータードリッパー 表示価格:ケース単価お気軽にお問い合わせください 取引先からの直送品となります フラスコ栓:真鍮 PST2186 HARIO TOLIロイヤルストーン 水栓 69663円 納期目安:1週間 仕様:20杯用 部品番号等を必ずご確認ください JANコード:4977642163232調理家電 です こちらの商品はメーカー 口径105mm フラスコ栓パッキン 型式 製造国:日本 ご注文前に商品名 フロアタイル

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. Fintie New Microsoft Surface Go 3 2021 / Microsoft Surface Go 2 2020 / Microsoft Surface Go 2018 10インチ ケース PUレザー 薄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 口内炎・口角炎などの治療を目的として開発した軟膏です。患部への密着性が良く、口腔内であっても長時間患部を覆います 【×8個セットメール便送料無料】【第3類医薬品】口内炎軟膏大正A 6g 口内炎・口角炎などの治療(4987306019492)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【玩具の事なら】ホビーゾーン 【立体パズル】ONE PIECE 今まで大切にしてくれてどうもありがとう【ペーパーシアター】 PT-105 ワンピース ルフィ サンジ ゾロ ナミ ウソップ チョッパー アニメ プレゼント パズル ホビーゾーン hobby zone

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»